15cmからできます、髪の寄付 ヘアドネーションしました

なんの意味のなく、ただ伸ばしていたロングヘア…もうオバサンなので程よい長さにカットしよう…と思っていた矢先、ヘアドネーションというものを知りました。

ヘアドネーションとは

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。(特定非営利活動法人Japan Hair Donation & Charity HPより)

最近芸能人の方でもドネーションされる方が多いとのこと。水野美紀さん、柴咲コウさん、ベッキーさん、ダレノガレ明美さんなど「バッサリ」とイメチェンされた方、皆さん寄付されています。

どこの団体が受け付けてくれるの?

キャンペーンなど期間限定で受け付けている企業等もありますが、国内では以下の団体さんの活動が顕著です。

特定非営利活動法人 Japan Hair Donation & Charity(JHD&C)

https://www.jhdac.org/index.html

↑2009年に設立されたNPOです。

つな髪® 運営(株)グローウィング

http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/

↑こちらは、株式会社グローウィングという企業が運営されています。

どんな髪の毛が寄付できるの?長さや条件は?

基本的な条件は以下の通りです。

JHD&Cの場合

  • 31cm以上の髪(50cm以上の髪は特にありがたい、ということです)
  • 引っ張ると切れてしまうほどのダメージがなければ、パーマ、カラー、ブリーチをしていてもOK

つな髪の場合

  • 15cm以上の髪(15cm以上で部分ウィッグや髪の毛付インナーキャップウィッグに、31cm以上で医療用ウィッグを作ることができるとのことです)
  • ヘアカラー、パーマしていてもOK(ただし、ブリーチなどで退色してしまった髪や傷みがひどく軽く引っ張ると切れてしまう髪は不可)

15cmからでも寄付できるんです!ロングからセミロングへ、くらいのイメージチェンジでも充分寄付できる長さになりますね。

ヘアカットの方法は3つ、賛同美容院でのカットがいちばん簡単

ヘアカットの方法は3つあります。

ヘアドネーション賛同美容院でカット

一番簡単なのは、ヘアドネーションにの活動に賛同されている美容院で髪を切り、団体or企業まで送付してもらうことです。賛同美容院の検索はこちらから↓

つな髪

http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/344234243

美容院でドネーション用に切ってもらう

特に賛同美容院でなくとも、切り方を説明して切ってもらうこともできると思います。希望する美容院に相談の上、ヘアカットしてもらって下さい。切ってもらった髪は自分で送付します。

自分でカット!

ヘアドネーション賛同美容院が近くにない場合、自分でカットしても構いません。私は自分でカットしましたが、自宅で落ち着いて作業できるのでよかったと思います。ザンギリになってしまった髪は、すぐに美容院で直してもらえるよう、美容院の予約を先に入れておくよいかなと思います。

つな髪に寄付してみました

私は毛先がペラペラに痛んでいたので健康な状態で30cmはとれず…。使い物になりそうなのは20cmくらいでしたので、「つな髪」さんに寄付させて頂くことにしました。

髪が細く少ないので、あっという間に終わりました。取れた毛束はこんな感じ…。

これを、一つにまとめます。

そして、必要事項をかいたメモとともに、送付。このときビニール袋やラップにくるまず、髪をそのまま封筒に入れてください。

詳しい送付手順はこちら

http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/14664921933134

 

後日、認定証を頂きました

約1か月後、「確かに寄付を受け付けました」認定証を送ってきてくださいました。

大してキレイな髪でも、充分な長さがあったわけでもないけれど、少しでも活動のお役に立てればとても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です